わかりやすい!扶樹の賢い遺言状基礎知識

残す場合と登記手続きをする場合

2017年06月18日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

残そうとするときには、書き方に注意が必要です。単に住所を書いておけばよいわけではなく、登記簿の内容を欠く必要があります。その他、名義変更をするときに、手続きが異なります。必要な書類が変わることもあります。曖昧な表記をすると遺産分割できない場合がある遺言状を使って遺贈をすることがあります。現金などであれば、金額をそのまま書くだけです。ただし、銀行預金となると、銀行名や口座名、定期預金の番号など細かく指定しておく必要があります。

続きを読む

相続を揉め事なく進めるための準備をする

2017年06月17日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

遺言状の作成は、死ぬ前にやっておくべきものの一つです。しかしこれは法律にも絡んでくるものなので、しっかり正しい形式で、注意点を守って書かなければ面倒を引き起こしてしまいます。なので、注意点を確認しましょう。なぜ遺言書を書いておくべきなのかその前にまず、遺言書の役割を知っておきましょう。遺言書は、主に遺産の分配のことを書きます。遺言書がないと、法律によって子供、父母、兄弟姉妹の優先度で相続人が決まります。

続きを読む

第三者による証明が可能な遺言書

2017年06月14日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

遺言状には自筆証書遺言という自由に自分で作成できるもの以外に、公正証書遺言があります。公証役場で作成した正式な書類で、この遺言は弁護士でも覆すのが難しいと言われる信頼性を持っているため、作成を希望する人・検討する人が増えています。遺言作成の前に必要な準備を把握する公正証書遺言は、公証役場で作成しますが事前にそろえておく書類や必要な情報があります。まず、財産の目録を作り、何を誰に相続させるのかを明確にしておきます。

続きを読む

法律の専門家に遺言を残しましょう

2017年06月11日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人間も年を重ねてご高齢になってくると、自分が亡くなった後のことをお考えになるという方は多いです。自分のご家族や御親族が、自分が亡くなった後にトラブルにならないためにも、正式な遺言を残しておくことをお勧めいたします。遺言は正式な手続いのもとに残さなくてはなりません自分が亡くなった後にご家族やご親族で争いが起こらない為に、遺言状を残しておくことが大切です。しかし、書面のものは有効期限というものがあったり、また正式な文章という形で残さないと効力が発揮されずに終わってしまう可能性があります。

続きを読む

将来の不安をなくすために、自分の言葉を残して

2017年06月10日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

身近な人が亡くなったあと、残された遺産をどう分割するのかでもめる家族は少なくありません。「お金持ちの世界の話」というイメージを抱く方も多いですが、一般家庭においても起こりうる問題と言って良いでしょう。こんなときに効力を発揮する遺言書について解説します。自身の希望を家族に伝えるための手段です遺言とは、自分が亡くなったあとに、自分自身の財産をどう家族で分配して欲しいのかなどを残しておく言葉となります。

続きを読む

もめそうなときや親族以外に渡したいとき

2017年06月06日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

相続時にはもめ事が多く発生するとされています。それを防ぐには事前に準備をしておくのが良いでしょう。不動産が多い時には特にもめ易いです。また、親族以外に行いたいとき、親族だが行いたくないときなどにも可能です。法定で決められていない人以外に行いたいとき遺産の分割は、法定相続人で決めることになります。ですから、基本的にはこの人たちで話し合いをし、その中で分けることになるでしょう。亡くなる前には誰が該当するかがわかっています。

続きを読む

遺産相続などの相談は法律のプロにお願いしましょう

2017年06月04日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近は遺産相続のトラブルで兄弟や親戚同士で争うケースも多くなりました。素人だと話し合いを続けても解決しないケースが多いので、法律のプロにお願いして手続きを進めてもらうのがベストです。インターネット上に詳しい情報も掲載されていますので、暇な時間を利用して情報をチェックしてください。遺言状の作成も色々とアドバイスしてくれます遺産相続で揉めないように事前に遺言状を作成しておくと安心ですが、書き方を事前に調べた上で作成しないと無効になってしまう可能性もあるので注意が必要です。

続きを読む

遺言を書くときの種類と公証役場の公証人

2017年06月01日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体が元気なうちに終活をする人も多く、病気になってからでは終活もなかなか上手くいきません。遺言を書く時にも自分で書くほうが安心で、他の人に書いてもらう時はリスクもあります。そこで遺言のタイプとリスクを知っておくことが必要です。自筆証書遺言の利便性と注意するべきリスク一番手軽に遺言状が書けるのが自筆証書遺言で、自分だけで手書きで書くタイプになります。自筆証書遺言のメリットは一人で書けるので、遺言の内容などを内密にしておくことができます。

続きを読む

このページのトップへ