わかりやすい!扶樹の賢い遺言状基礎知識

もめそうなときに残しておくと良い

2017年08月15日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分が死んだとき、遺産分割でもめることがないのであれば、そのまま死んでも問題ありません。しかし、親子の関係がぎくしゃくしていたり、兄弟姉妹の仲が悪いなどもあります。また、法定相続人以外に遺産分割したいときも遺言なら行えます。法定相続人同士がもめないようにする遺産分割において、遺言状が無ければ法定相続人に分割されます。この時法定割合と呼ばれる割合があり、こちらを元に決めていきます。ただ、法定割合通りにしないといけないわけではなく、法定相続人同士で話し合って決めればよいとされます。

続きを読む

残された遺族への大事な手紙の基本知識

2017年08月07日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高齢化社会になってから終活をする人が多く、遺影を撮影したり財産整理をしたりします。また残された遺族にあてた遺言も大事で、財産のある人や何か伝えたいときに便利です。そこで遺言で大事なポイントを紹介していきます。基本的な遺言のポイントを知っておこうテレビドラマや映画などで見たことのある遺言状ですが、高齢化社会では実際に書いて残している人も多いです。遺言の書き方は意外とシンプルで、注意点を気をつければ誰でも書くことができます。

続きを読む

このページのトップへ