わかりやすい!扶樹の賢い遺言状基礎知識

自分で作る法的効力のある遺言状の書き方

2017年10月08日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

遺言状を書いておけば、後に相続人となるはずの親族の間で争いが起きることを防ぐことができます。また、遺族への気持ちなどを綴ることで、気持ちの整理をつけることができる等、生前に遺言状を書いておく意義があります。せっかく作成するのであれば、法的効力のある書面としておくことが大切です。費用をかけて弁護士に依頼して作成することもできますが、自筆で作成した書面でも法律が定める要件をクリアしていれば十分法的効力のある書面とすることができます。

続きを読む

このページのトップへ