わかりやすい!扶樹の賢い遺言状基礎知識

後に書いたものが有効になることを知っておく

2017年11月03日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

相続対策として行っておきたいのが遺言状の作成です。誰が法定相続人になるかによって違いますが、通常はもめると考えておいた方が良いかもしれません。親子でもめることもあれば、子供同士でもめることもあります。それが自分の親が絡んだり兄弟姉妹が絡むとなるとほぼもめます。配偶者と兄弟姉妹で交流がないと、なかなか話し合いなどをすることができません。生前に話をしていればよいですが、していないのであれば作成をしておきましょう。

続きを読む

このページのトップへ