わかりやすい!扶樹の賢い遺言状基礎知識

遺言の種類によって代筆は可能となる

2019年09月13日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

遺言状をしたためたくても、病気や怪我で直接直筆の遺言を書くことができない場合、代筆は可能でしょうか。遺言の種類によって残すことが可能となるため、慎重に対応することが必要です。まず第一に自筆証書遺言は残すことができません。自筆証書遺言はあくまでも本人の直筆によって書かなければならないからです。代筆してもらった物を残す場合には無効となってしまうため、自筆証書遺言を残せません。しかし、公正証書遺言の場合、自筆でなくても遺言を書くことは可能といわれています。

続きを読む

このページのトップへ