わかりやすい!扶樹の賢い遺言状基礎知識

遺言をしっかりと実行するためには

2019年07月26日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

遺言状はどのような効果があるのかということですがこの遺言状の通りにやらなければならないというかなり強い強制力があります。効力に関して言えば法律に反していない限りは問題なく、それが実行されることになるでしょう。

但し、現実問題として確実にここに遺言のために書かれた書状があるとみんなが把握しているのであれば隠されることもないですが実は結構強いものとしてある自分に不利なものになる場合、それを破棄させようとする人がいたりする場合です。

そういうことにならないようにするために弁護士などに預けておくということができるようになりますとしっかりと効果を出してくれるようになります。ちなみに法律に反している方なので効力が発揮しないようなものというのもありますがこれは要するに遺留分などを無視した配分をしようとした時です。

いくらか強いわけで相続人から排除させるということができることは確かなのですが事前に確実な確証がなければできないことでもありますので基本的には遺留分以上に配分を決めるということは一方的にはできないようになっています。

ですから、問題ない内容であるのかどうかも含めて弁護士に相談したほうがよいでしょう。

このページのトップへ